経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

須川邦彦の無人島に生きる十六人

2010.08.01(23:03) 738

須川邦彦無人島に生きる十六人 を読んだ。

ジュール・ヴェルヌ十五少年漂流記は、図らずも無人島生活を送ることになった15人の少年の話でしたが、こちらは、無人島生活を送らざる終えなかった16人の大人たちのお話です。

この無人島生活は、実話だそうですが、16人が明るく元気に生きていく様は、多少は、良くない部分を隠したとしても、好感が持てます。日本に帰るという目的のもと良きリーダーに率いられていたのでしょう。

目的の共有とリーダーシップ、難しいものだと思いますが、現代の会社生活もこのあたりの重要さは変わらないでしょうね。自分はさておき、目的の共有というところでつまずいているリーダーが結構多いように思います。目的が何なのかは、リーダーは理解していて当然ですが、メンバーには、山本五十六のごとく

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

だと思います。

次は、シャクルトン、ロビンソン・クルーソーあたりに攻めていこうかと思います。

 

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



<<森薫の乙嫁語り 1巻 | ホームへ | ジュール・ヴェルヌの十五少年漂流記>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kabunikki.blog6.fc2.com/tb.php/738-cbaf6ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。