経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

深海のYrr

2010.04.13(00:19) 622

フランク・ツェッツイング深海のYrrを読みました。 以前から気になっていたんですが、会社帰りに立ち寄ったブックオフで一冊105円のコーナーに並んでいたのを発見して購入しました。

興味を持っていた理由として、深海のYrr発売当時に、ちょうどうなぎの産卵場所がマリアナ海溝らしいということがわかったというニュースか何かを読んだため、ちょっとうなぎに興味があったたためです。題名から連想して、うなぎの産卵場所を特定する道のり的な内容を想像していましたが、読んでみるとまったく違う内容でした。途中までは、「、、、で犯人はうなぎなんだろ」的な感じでうなぎを想定して呼んでいたのですが、途中でふと、うなぎは、同じイールという発音でもeelだったことに思い至り、一人恥ずかしい思いをしたのでした。自分のほかにも絶対何人かはyrrとeelを発音だけで勘違いしてる人がいると思います。

肝心な内容ですが、中巻までは、世界各地で起こる異変について、世界のあちこちに場面を移しつつ、原因、犯人の追究をしていきます。犯人がわかるまでに、いろんな登場人物が、がんがん死んでいくことに戸惑いつつも、頭を使わせる、犯人はいったい誰なんだ、何でこんなことを仕組むのか?そもそも犯人がいるのか?といったことを考えながら読みました。中巻ぐらいまでは、人類はやられっぱなしで、ほぼ反撃できません。(というか、全編にわたって反撃らしき反撃ができません。)しかし、主人公らの努力により、異変の原因、首謀者を突き止めるにいたります。ここまでは、非常に面白く、他ではなかなか見ない展開で進みました。異変の解決方法も少し強引ですが、なかなか面白い解決だと思います。ただ、下巻では、取ってつけたかのようにアクションが多くなり、ここでも人ががんがん死んで行きます。自分は、このアクションの必要性と登場人物がここに来て死んで行く意味が良くわからず、なんとなく、さめてしまいました。

面白い話ではあったと思いますが、最後のアクションを削って、解決するまでと、その後をもう少し詳しく書いてくれてもいいのではないかと思います。巻末に映画化の話がありましたので、映画化をにらんだアクションの追加だったのかもしれませんが。。。とりあえず、本棚に収まるほど面白かったわけではなく、またブックオフに戻っていただくことにしました。




まったくの余談ですが、自分は結構本を買うのですが、面白かったと思う本、手元におきたいと思う本以外はブックオフ、アマゾンマーケットプレイスで売りさばいております。売る用に本棚の横にダンボールが常備されており、本棚に納まらなかった本は、ダンボールに納まり、売られるのを待つことになっています。たまに、他の人が欲しいといえばあげたりもしますが、たいてい、ダンボールがいっぱいになったころに、売られる運命が待っています。小説、投資関連本、漫画、ビジネス書などが放り込まれますが、一冊あたりの買い取り額は、漫画が一番高いのがなんだかなぁと思う今日この頃です。


参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



<<ping送信先 | ホームへ | 経済的自由を考える>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kabunikki.blog6.fc2.com/tb.php/622-068c82de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。