経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

非正規雇用整理と工場の空き具合(続)

2009.01.13(01:55) 535

トヨタの工場が休業日を設定する都合で、うちの会社にも新たに休業日、強制年休日が設定されました。我々技術系にはまだ関係ないのですが、現場系、生産技術系の人は、給料の実質的な削減となります。うちの会社では、ラインの稼働率が見える化されているのですが、工場に顔を出したときにいろいろ見てみると、おおよそ3割近い稼働率減となっています。夜勤がなくなった職場もあるようで、駐車場も朝から込んでいます(通常は、昼勤、夜勤の人が重なる時間に駐車場を使う事はありません。)。

世間では、ワークシェアリングや、製造への派遣社員禁止の話がでています。生産現場ではワークシェアリングは可能でも、開発、設計などの技術系では不可能ではないでしょうか。うちの部では、使用する設計ツールの費用が高いことから、時差勤務の導入を検討したことがあるのですが、仕事と人が強固に結びついており、また、他部署との折衝ごとなどもあるため、導入が見送られました。ワークシェアは、ある程度ルーチンワーク化されたようなお役所の書類仕事ならまだしも、設計、開発の仕事は、大部分が難しいと思います。自動車関係で言えば、車種対応設計、派生設計、モジュールを用いた設計など、マニュアル化しているものは、可能だと思いますが、マニュアル化した時点で、外部の会社に任せることが可能となるため、ワークシェアより、外部の請負会社へ発注されてしまうことでしょう。

また、製造業への派遣社員を禁止すると、正社員が増えるとの論調がありますが、現在でも、日本の人件費を問題視し、可能な限り国外へ生産を動かすことが行われています。今、日本の工場に求められるのは、国外工場のマザー工場、実験的なラインの整備、高品質が求められるライン(これも、確立されれば国外へと移管される。)であることです。その方針に従い、確立されたラインから海外への生産移管が行われています。設計的立場で言えば、海外での生産と国内での生産の違いは、品質とコストです。品質は、設計段階で作りこんだ後は、現場でしっかり管理されていれば、国内でも海外でもかまいません。人件費トは、1sいくらのレートでしか出てきません。また、人が作るか、機械が作るかも、1sいくらの加工レートでしか出ていません。今、人がやっている作業も、派遣社員を含めた加工コストが機械加工レートよりも安いからにほかなりません。人件費が機械加工レートより安くなれば、良いのですが、人件費が機械加工レートを上回れば、生産は機械が行うことになります。

一気に派遣社員を正社員にしようとすれば、国内人件費が上がり、海外への生産移転、自動機での加工が進められ、派遣切りではすまない位の数の失業者が現れます。ますます工場がスリム化されるだけではないでしょうか。派遣社員を正社員にという話の前に、派遣会社によるピンはね(海外では、派遣会社のピンはね率の上限が決まっていると聞きます。)、二重派遣の禁止の徹底、セーフティネットの整備などやることがたくさんあるとおもいます。

テレビや新聞でよく見る派遣社員、請負社員は、いままで努力しなかったことを、身に降りかかった不幸や、不運に責任転嫁して今の自分がいるのは周りが悪いといっているようにしか思えません。端から見ていれば、気がつくのが遅いだけなのではないかと思います。視野を広くもち、自分の生活スタイルを変え、多少の不便も我慢し、自身の能力を上げる努力をしてきたのかということを問いたくなります。それに、手取り月20万で貯金ゼロの人などがインタビューされていると、この人は何を考えて痛んだと首を傾げたくなります。こんな何も考えていないだけの人を救う必要があるのかとも考えます。多くの派遣社員がそうではないのかもしれませんが、こういう人をクローズアップして画面に映すと派遣社員というカテゴリーの人への支援の手はどんどん減らされるだけだと思います。

話は変わりますが、以前、株式投資用に、EDA、CAD系の企業をピックアップしましたが、今はやめておいたほうがいいようです。保守費用がストック型収入であると考えていましたが、トヨタ系の企業に及ばず他の会社でも、来期導入予定のライセンスの無期限延期、保守費用のコスト削減交渉が行われています。 付き合いのあるCAD、EDA担当者、そして自分自身が保守費用値下げの交渉を担当(なぜCAD部門が交渉しないのかは理解できない)していることからもこの流れは間違いありません。いろいろ含めて目標1割減なので、交渉が成功すれば、単純に考えて、EDA、CAD系のライセンシーは、売り上げが1割減ってしまいます。

関連記事

http://kabunikki.blog6.fc2.com/blog-entry-528.html

参考URL

http://blog.goo.ne.jp/buhitann/e/a94d98482f1a776e25b626110e6e48a4

http://jmseul.cocolog-nifty.com/jiji/2009/01/post-f839.html

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/680f94098f884812ddf59d3c32a68a79

http://d.hatena.ne.jp/qushanxin/20090108

http://d.hatena.ne.jp/s_shisui/20081218/p1

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



<<内部留保の分配とは? | ホームへ | 年末年始のトレード>>
コメント
>視野を広くもち、自分の生活スタイルを変え、多少の不便も我慢し、自身の能力を上げる努力をしてきたのかということを問いたくなります。それに、手取り月20万で貯金ゼロの人などがインタビューされていると、この人は何を考えて痛んだと首を傾げたくなります。こんな何も考えていないだけの人を救う必要があるのかとも考えます。

世の中、そういう人を基準に設計しなくては回らないものですよ。
私が思いますに、能力的に秀でた人は往々にしてそうでない人にも自分の基準を押し付けがちであると思います。
ネコにはネコの、犬には犬の、ウサギにはウサギの視点があるように、その人の立場や人生によって同じ現実を見ても見えるものが違うものです。

何も考えていない人を救う必要があるのか、では無く、何も考えていない人でも救わなければ、いずれナチスと同じ道をたどることになるでしょう。
足を切るときの基準は、常に恣意的に決められるものです。
自分が切られる可能性を考えれば、全ての人に無条件に手を差し伸べるという原則を崩してはならない、と私は思います。
【2009/01/12 14:14】 | ravenoftime #- | [edit]
私のつたない記憶では、ナチスは、何も考えてない人を救うために、公共事業を行い、まさに無意味な工事、穴を掘っては埋め戻すというような工事を行い、失業者対策を行ったと記憶しています。

何も考えていない人を救う必要が本当にないのかといわれると、そうではないと思います。でも、何も考えていない人を救わないことがナチスドイツの再来につながるのかといえばそうではないと思います。

【2009/01/13 01:52】 | mock #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kabunikki.blog6.fc2.com/tb.php/535-8a6ef3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

製造業への派遣を中止したら工場は海外に行く

昨日ゴーンさんがテレ東カンブリア宮殿で、今回の派遣切りは不況が長期に及ぶことを考
  1. 2009/01/11(日) 11:28:05 |
  2. 時事を考える

派遣労働者の責任とメディア

数日前に理系大学院生の株日記さんからトラックバックを頂いたので、そちらの内容に少しだけ触れさせていただく。 このblogでも何度か書いているけども、少なくとも製造業における期間従業員の解雇に関する問題は、労働者自身の努力で解決できるものではない。 前述のblog...
  1. 2009/01/14(水) 15:24:30 |
  2. せからしか@blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。