経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ランダムウォークと行動ファイナンス

2005.11.12(06:46) 299

ごく新しい分野である行動ファイナンス理論と、古典的(?)な株価理論であるランダムウォーク理論についての解説には図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべてが理解を助けると思います。

行動ファイナンス理論とは、心理学の側面を投資の理論に織り込んだものです。つまりは市場の雰囲気と投資についてです。ランダムウォークとは、株価がブラウン運動(顕微鏡で花粉をのぞいて見るあの運動のことだと思います。)で変化するというものです。

市場は効率的であるべきなのに、実際は非効率である。その非効率さは何から生まれるのか?それは心理学の側面を考えなくてはいけない。というような本です。

ブラックショールズ方程式のような新しい投資理論が、莫大な富を生んだのと同じように、まだ実践する人の少ない行動ファイナンス理論も莫大なとみにつながるのではないでしょうか?

全体に、個人投資家向けというわけではなく、ファイナンスを学びたい人向けだと思います。しかし、機関投資家に戦いを挑む個人投資家も敵の戦い方を知る、敵の行動を読むという点において役に立つ本だと思います。図解と銘打ってあること空もわかるように、概念が図で説明されていてわかりやすいです。

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて
4534038941田渕 直也


おすすめ平均 star
star骨太の一冊
star待ってました。
starわかりやすく内容も深いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



<<不動産投資入門本 | ホームへ | 本日終了時点でのポジション>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kabunikki.blog6.fc2.com/tb.php/299-ca7a9a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。