経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

J-REIT指数買い

2005.07.07(15:56) 143

J-TEITという不動産投資信託への投資が注目を集めています。また、J-REITに投資をするJ-REIT投信なるものもあります。このJ-REIT投信はベンチマークとして東証の算出しているリート指数を用いているものが多いです。

下記に示すサイトによれば、「リートの時価総額全体は約2.2兆円で、リート投信全体の時価総額は約3400億円」です。ということはリートの時価総額の15%程度のがリート投信の手の中にあるといえます。また、ベンチマークに連動させるために、パッシブ運用部分が投信にはあると考えられますが、そのパッシブ運用部分にはリート指数算出手順に沿って新規上場されるリートを組み込む必要が出てくると考えられます。つまりTOPIX買い似にた買い需要が発せする可能性があります。

この仮説に従って過去の値動きを検証してみると、今年に入って上場された日本ロジスティクスファンド、クレッシェンドに関しては、指数参入日前日に募集口数比で約4%の出来高があります。去年上場された4銘柄には募集口数比1.5%程度の出来高があります。いずれも通常の出来高よりは多く、指数参入日前日には買い需要が存在するといえると思います。

値動きに関しては、リート全体の堅調な値動きを反映してか上場日に購入するだけで数%の利益が見込めます。上昇率は、募集金額の少ないリートほどよく上昇するようです。

リートもIPOのような過程を通して市場に出るのですが、IPOねらいの素人が数倍の初値がつくような新興市場銘柄と勘違いをしてIPOをとっているケースが結構あるようです。(各種掲示板書き込みより)これらの間違ってとってしまった方々の投げ売りに近いような売りが上場初日にでることが十分考えられるので、割高でないリートは上場日の初値買いが一番安く手に入れることができるのではないでしょうか?

上昇率は数%と大きくはありませんが、実際にとれるかわからない数百%よりも確実にとれる数%を着実にものにしたいと思います。ジャパン・シングルレジデンス、プロスペクト・レジデンシャルには実際に参加してみようと思います。(投資物件内容からジャパン・シングルレジデンスが主体になると思います。)

この投資法は、コバンザメ投資法と違ってパイが小さいので、一般に知れ渡るとおしまいのような気がしますね。株式と違い、リートに投資する人は長期を見ていると思うので、公募による指数修正のための買い需要にも素直に反応してくれるのではないかと思います。そういう意味で、東急リアルエステートにも注目しています。

元ネタ
リート投信時価総額
http://tsubasa.e-city.tv/reit.html

リートの評価
http://homepage2.nifty.com/ykf/
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



<<JR東海 | ホームへ | ネット指数>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kabunikki.blog6.fc2.com/tb.php/143-71eb238f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。