経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

最近欲しい本(プレジデントの影響)

2009.01.31(14:00) 538

最近、プレジデントのプレジデントに、ビジネス書の特集があった。ちょうど、会社も暇になってきて、残業時間も規制されている。暇になってきたため、紹介されている本を読んでみようと本屋に行ったところ、欲しい本が増えてしまった。いっぺんに、読めないので、ブログにメモしておこうと思う。

エリヤフ ゴールドラット のゴールシリーズ

 

 

P.E.ドラッカーはじめて読むドラッカー シリーズ

 

 

ジェームズ・c. コリンズ のビジョナリーカンパニーシリーズ


残業代削減ゆえに、本を買う時は、マーケットプレイスにしようと思います。

 

スポンサーサイト
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

製造業破綻の連鎖

2009.01.31(13:51) 540

アメリカのビックスリーの業績不振に伴い、傘下の企業の破綻が懸念されます。自動車業界では、トヨタの車でのGM参加の企業の部品を使用しているし、またその逆もよくある話です。また、自動車部品にしても、部品の供給元は、GMの傘下の企業から供給されている当ことも良くあるのです。そのため、現在、GMが破綻し、傘下の企業も破綻した場合にはとてつもなく影響が大きいのです。世界各社の製造ラインが止まってしまうことが懸念されます。そんなことが起こらないように、GM破綻に備えた、影響の査定、大体供給元の手当てなど、各社対策にいそしんでいます。ただ、実際に破綻があった場合は、影響が免れないと思います。

また、海外企業、特に半導体電子部品は、不採算事業をすぐに閉める傾向にあり、海外の部品が止まってしまうと作れなくなってしまう製品がたくさんできてしまいます。この辺の大体部品探しも行っていますが、、、。回路がわからないとできない仕事で難しいです。正直、日程の決まっている仕事がたくさんあり、この手のことは、工場の余剰人員にやっていただきたいところなのですが、、、。

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

東芝の半導体不振

2009.01.31(13:35) 539

東芝の業績不振が、取りざたされていますが、自分の仕事にも降りかかって来ました。ICを委託生産、ウェハの生産委託をしているのですが、今回の業績悪化に伴い、閉じられることになった半導体工場で、作られているものばかりだったのです。東芝サイドがいうには、他の工場で作らせて欲しいとのことだったのですが、半導体の場合、工場が変わると、回路の電気特性が変わってしまいます。どれだけ努力しても、完璧に同じプロセスを作るのはとても難しいのです。そのため、工場を変えた場合に、ICを実装した回路基板単位での電機特性も変わってしまうことになり、自動車会社に納品する際の規格を満足しない可能性が出てきてしまうのです。そのため、膨大な評価工数が発生することになります。自分の仕事は大変面倒なことになりますが、東芝の半導体事業再編にかける意気込みは伝わってきます。

この仕事に絡み、東芝の担当者にコンタクトを取って、いろいろ話をしていたのですが、去年末くらいから急にコンタクトが取れなくなってしまいました。どうも、半導体事業の再編に絡み、今回の仕事が、インサイダー情報に絡むため、話がしたくともできなかったという感じのようです。

 

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

内部留保の分配とは?

2009.01.13(03:12) 537

企業は、安く雇った派遣労働者を使い、内部留保を溜め込んだ。そのため、溜め込んだ内部留保は、派遣労働者に分配されるべきであるという主張があります。

輸出企業では、海外生産比率が2割程度です。安く雇った派遣労働者で内部留保を作ったというのならば、その2割は、海外の労働者が作ったものです。また、誰でも簡単に組み立てられるように製品を設計士した製品設計者、ミスが起こらないラインを作ったライン設計者にも分配される必要があると考えます。

昨日今日生産ラインに立った人が、熟練ライン作業者と同じように単純作業で製品を組み立てられるのは、製品設計、ライン設計、品質管理部門の不断の努力のおかげです。我々の設計した製品が無事組みあがるのも、ライン作業者がいるからであるけれど。要するに、派遣労働者に分配されるのであれば、我々正社員にも分配があってしかるべきです。

また、製品を作れるのも資本金があるおかげ、そのため、資本金を提供した株主にも分配があってしかるべきでしょう。最も株主としては、豊富な内部留保を使用し、海外企業の買収や、不況下でも未来に向けた設備投資、研究開発投資似まわしてもらえれば文句はありません。また、分配するべき内部留保の何割かは、海外にとどまっていることも忘れてはいけません。去年末の新聞記事では、17,8兆円あるとされていました。

残念なことに、私の会社の上層部は、不況の時にこれまでためた内部留保を有効活用する。といった発想はないようです。偶然、自社の技術開発会議の議事録を読む機会に恵まれたのですが、経営の中枢にいるべき、役員様(新参者)から、うちは内部留保を食いつぶしていけばめったなことではつぶれない。だから、このまま不況を我慢していれば良いとの発言があった模様です。これは、不況下で企業が淘汰されるという考えに基づけば、ある意味では正しいです。ただし、みなが暴風雨に耐えている時に、同じように耐え、みなが晴天下を闊歩している時に同じように闊歩したのでは、いずれ、その他大勢の企業になってしまうのではないでしょうか。永守信者ではありませんが、今回のような円高を伴う不況下に、海外競合の買収、優れた技術を持つ会社への出資、新技術の取得など、有効的に使用して欲しいものです。2,3年の内にそのような買収劇がなければ、同じような機会をまた待ち続けなければなりません。

参考URL

http://www.pref.osaka.jp/aid/naniwa/naniwa2005/n2004_6_5.pdf

http://plaza.rakuten.co.jp/kurukku2004/diary/?act=reswrite&res_title=%C6%E2%C9%F4%CE%B1%CA%DD%A4%C7%C7%C9%B8%AF%BC%D2%B0%F7%A4%CF%B5%DF%A4%A8%A4%DE%A4%BB%A4%F3&d_date=2009-01-09&theme_id=44317&d_seq=0

追記

池田信夫blogに、労働分配率のグラフがあった。2005年のグラフ読み取り値では、75%程度であるようだ(元のグラフは、こちらのもののようだhttp://www.mri.co.jp/COLUMN/ASPECT/GOTO/20070201GY.html)。労働分配率=人件費/(人件費+営業利益)という見慣れた指標でも、80%程度である。経営者の頭の中では、労働分配率は、50%以下が指標となっているようだが、これが実施されると、給料が半分に激減するか、利益率を倍増させなくてはいけない。大変なことだ。ただし、そのような会社が割安状態であれば、投資対象としてこの上ない。

ここ数年、企業収益は、高水準にあったようだが、今後、企業収益の悪化が予想される。分母が小さくなるため、労働分配率が上昇することが予想される。労働分配率を上げよという主張は勝手に達成されてしまうが、それでいいのだろうか。労働分配率は、所得水準の上昇を求める時には、参考にならない値なのではないだろうか。

参考URL

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/a35608e0284ada31cab5f18d7208c554

http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2009/01/post-ea60.html

http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=492

http://www.mri.co.jp/COLUMN/ASPECT/GOTO/20070201GY.html

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

非正規雇用整理と工場の空き具合(続)

2009.01.13(01:55) 535

トヨタの工場が休業日を設定する都合で、うちの会社にも新たに休業日、強制年休日が設定されました。我々技術系にはまだ関係ないのですが、現場系、生産技術系の人は、給料の実質的な削減となります。うちの会社では、ラインの稼働率が見える化されているのですが、工場に顔を出したときにいろいろ見てみると、おおよそ3割近い稼働率減となっています。夜勤がなくなった職場もあるようで、駐車場も朝から込んでいます(通常は、昼勤、夜勤の人が重なる時間に駐車場を使う事はありません。)。

世間では、ワークシェアリングや、製造への派遣社員禁止の話がでています。生産現場ではワークシェアリングは可能でも、開発、設計などの技術系では不可能ではないでしょうか。うちの部では、使用する設計ツールの費用が高いことから、時差勤務の導入を検討したことがあるのですが、仕事と人が強固に結びついており、また、他部署との折衝ごとなどもあるため、導入が見送られました。ワークシェアは、ある程度ルーチンワーク化されたようなお役所の書類仕事ならまだしも、設計、開発の仕事は、大部分が難しいと思います。自動車関係で言えば、車種対応設計、派生設計、モジュールを用いた設計など、マニュアル化しているものは、可能だと思いますが、マニュアル化した時点で、外部の会社に任せることが可能となるため、ワークシェアより、外部の請負会社へ発注されてしまうことでしょう。

また、製造業への派遣社員を禁止すると、正社員が増えるとの論調がありますが、現在でも、日本の人件費を問題視し、可能な限り国外へ生産を動かすことが行われています。今、日本の工場に求められるのは、国外工場のマザー工場、実験的なラインの整備、高品質が求められるライン(これも、確立されれば国外へと移管される。)であることです。その方針に従い、確立されたラインから海外への生産移管が行われています。設計的立場で言えば、海外での生産と国内での生産の違いは、品質とコストです。品質は、設計段階で作りこんだ後は、現場でしっかり管理されていれば、国内でも海外でもかまいません。人件費トは、1sいくらのレートでしか出てきません。また、人が作るか、機械が作るかも、1sいくらの加工レートでしか出ていません。今、人がやっている作業も、派遣社員を含めた加工コストが機械加工レートよりも安いからにほかなりません。人件費が機械加工レートより安くなれば、良いのですが、人件費が機械加工レートを上回れば、生産は機械が行うことになります。

一気に派遣社員を正社員にしようとすれば、国内人件費が上がり、海外への生産移転、自動機での加工が進められ、派遣切りではすまない位の数の失業者が現れます。ますます工場がスリム化されるだけではないでしょうか。派遣社員を正社員にという話の前に、派遣会社によるピンはね(海外では、派遣会社のピンはね率の上限が決まっていると聞きます。)、二重派遣の禁止の徹底、セーフティネットの整備などやることがたくさんあるとおもいます。

テレビや新聞でよく見る派遣社員、請負社員は、いままで努力しなかったことを、身に降りかかった不幸や、不運に責任転嫁して今の自分がいるのは周りが悪いといっているようにしか思えません。端から見ていれば、気がつくのが遅いだけなのではないかと思います。視野を広くもち、自分の生活スタイルを変え、多少の不便も我慢し、自身の能力を上げる努力をしてきたのかということを問いたくなります。それに、手取り月20万で貯金ゼロの人などがインタビューされていると、この人は何を考えて痛んだと首を傾げたくなります。こんな何も考えていないだけの人を救う必要があるのかとも考えます。多くの派遣社員がそうではないのかもしれませんが、こういう人をクローズアップして画面に映すと派遣社員というカテゴリーの人への支援の手はどんどん減らされるだけだと思います。

話は変わりますが、以前、株式投資用に、EDA、CAD系の企業をピックアップしましたが、今はやめておいたほうがいいようです。保守費用がストック型収入であると考えていましたが、トヨタ系の企業に及ばず他の会社でも、来期導入予定のライセンスの無期限延期、保守費用のコスト削減交渉が行われています。 付き合いのあるCAD、EDA担当者、そして自分自身が保守費用値下げの交渉を担当(なぜCAD部門が交渉しないのかは理解できない)していることからもこの流れは間違いありません。いろいろ含めて目標1割減なので、交渉が成功すれば、単純に考えて、EDA、CAD系のライセンシーは、売り上げが1割減ってしまいます。

関連記事

http://kabunikki.blog6.fc2.com/blog-entry-528.html

参考URL

http://blog.goo.ne.jp/buhitann/e/a94d98482f1a776e25b626110e6e48a4

http://jmseul.cocolog-nifty.com/jiji/2009/01/post-f839.html

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/680f94098f884812ddf59d3c32a68a79

http://d.hatena.ne.jp/qushanxin/20090108

http://d.hatena.ne.jp/s_shisui/20081218/p1

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

年末年始のトレード

2009.01.11(15:02) 536

年末年始のトレードの成果をまとめておきます。

株式投資

取引なし

いくつか面白そうな銘柄を探すのみでした。投資したらアップします。

 

FX

2%PIPSで何回かトレードしました。

昨年1万円からはじめ、現在9600円となっています。

いくつか経験も得ました。

  • 値動きが小さいときにはエントリーしない。

10PIPS程度の値動きしかない時には、上、下に抜けるのを待ったほうが良い。利益確定も、損失確定も時間がかかり、ストレスも大きい。

  • NYが空いてる時間にエントリーする。

上記に関連して、NYのほうが値動きが歩きがします。特に、日本時間21時から、24時くらい(ただの経験則)。

 

 

FXでは、セントラル短資オンライントレード トレイダーズ証券 に口座開設し、取引を行いましたので、13000円のキャッシュバックをもらえることとなりました。

 

2口座開設(2万円入金+取引)で各5000円、計10000円もらえます。

ただし、FXハイパーは、FX暦が六ヶ月以上ないといけません。

 

口座開設で、本がもらえ、口座開設して、一回取引すれば3000円もらえます。

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



2009年01月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 最近欲しい本(プレジデントの影響)(01/31)
  3. 製造業破綻の連鎖(01/31)
  4. 東芝の半導体不振(01/31)
  5. 内部留保の分配とは?(01/13)
  6. 非正規雇用整理と工場の空き具合(続)(01/13)
  7. 年末年始のトレード(01/11)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。