経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

医療アウトソーシング調査 その1

2010.05.29(02:39) 689

医療費抑制の流れ、新規医薬品の開発難易度上昇に伴って、医療関連のアウトソーシングが活発化している。

製薬会社関連

新薬の開発が難しくなってきていることに加え、大型新薬が次々に特許切れとなり収益性が悪化することが予想される。それに伴って、製薬会社にも業務効率化の波が押し寄せる。そこでアウトソーシングが活発化してる。

  • バイオベンチャー
    • 特定分野の医薬品探索
    • ハイリスクハイリターン、一発当てるまで、赤字を垂れ流すイメージ。ベンチャーが開発リスクを負う。資金は製薬会社などから提供される。
  • CRO
    • 医薬品開発業務受託機関
    • 市場規模1130億円
    • 新薬開発の業務効率化を受託する。製薬会社の開発業務のうち、繰り返し行う定型データ取り。シミュレーションなどを受託か?
  • SMO
    • 治験施設支援機関
    • 市場規模500億円
    • 治験に伴う、施設、手続き、医師、看護婦などを手配。特殊な人材派遣業的な感じと思われる。
  • CMO
    • 医薬品製造受託機関
    • 生産技術、品質管理に強みを持つ製造受託機関。この手の企業は、製造に特化し、大規模化しないと生き残りは難しいと思う。
  • CSO
    • 営業・マーケティング受託業者

医療機関関連

医療費抑制の流れで、医療機関でもコスト削減、効率化のため、外部委託が進んでいる。

  • 検査
    • 臨床検査センター
  • 人材
    • 医師、看護師、薬剤師などの人材派遣
  • 部材・在庫管理
    • 部材管理のマネジメント、オペレーション
  • 調剤
    • 調剤薬局
    • 市場規模5.4兆円

参考資料 オール投資

スポンサーサイト
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

調剤薬局調査 3

2010.05.15(02:26) 671

キャッシュフロー、のれんの償却と 特別損失の中身について調べれる範囲で調べました。(直近の報告書が出ている会計年度)

調剤薬局は、M&Aで大きくなった会社が多いため、暖簾の償却について調べる必要があると思います。また、実際のお金の流れを現すキャッシュフローと、特別損失に計上されているものの中身を調べました。

第2回で経常利益ベースのPERを調べましたが、利益成長率は、下記のようでした。

日本調剤 24%

クオール 4%

アインファーマシーズ 14%

総合メディカル 14%

今回の結果とあわせても、総合メディカルがもっとも魅力的に見えますね。日本調剤は、魅力的ですが、公募増資後とかに買ってもいいかもしれません。

のれん償却に関するメモ

損益計算書のルール
「のれん償却」費用を販管費として計上する
CF計算書のルール
「のれん償却」は実際、その期に行なわれているものではないため、その分を営業CFで戻す必要がある

キャッシュシュフローの多さと、 のれん代の少ない日本調剤が最も魅力的に思えます。総合メディカルは、キャッシュフロー計算書にのれんの項目がないのですが、本当にないのか?日本調剤、総合メディカルへの集中が良いと思います。自己資本比率が高く、借り入れ余力の大きい総合メディカルが大きく成長余地を残しているのではないか?

アインファーマシーズ

のれん代  8.6億

営業CF  43.3億

日本調剤

のれん代  1.9億

営業CF  38.3億

総合メディカル

のれん代  0?

営業CF  32.3億

クオール

のれん代  3.8億

営業CF  25.4億 フリーキャッシュフローがマイナス

メディカルシステムネットワーク

のれん代  0.7億

営業CF  4.3億

 

決算資料など

アインファーマシーズ

http://www.ainj.co.jp/invest/IR/result/ain_2010_3.pdf

http://www.ullet.com/9627.html

日本調剤

http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103341/20100430184947.pdf

http://www.ullet.com/3341.html

総合メディカル

http://www.sogo-medical.co.jp/ir/pdf_brf/20100421_01.pdf

http://www.ullet.com/4775.html

クオール

http://eir.eol.co.jp/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=802032&code=3034&ln=ja&disp=simple

http://www.ullet.com/3034.html

メディカルシステムネットワーク

http://www.msnw.co.jp/image_IR_zaimu/DL/PDF/20100507tanshin.pdf

http://www.ullet.com/4350.html

これまでの軌跡

第1回 比較表作成
第2回 比較表2作成

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

調剤薬局調査 2

2010.05.11(00:52) 666

経常利益と自己資本比率で比較してみました。

経常利益ベースのPERでは、クオール、総合メディカルが若干魅力的ですが、上場調剤薬局上位4社はほぼ同水準といえると思います。ただ、アインファーマシーズ、クオールの値は、四季報の予測なので、実際の決算短信でこれ以上の値が出てくると一気に割安となると思います。クオールは、資料を見る限り、攻勢をかけるように見えますので、決算でも強い数字が期待されていると思います。

自己資本比率的に見ると、日本調剤、メディカルシステムネットワークは、そろそろ公募増資をしないと、これ以上の成長は厳しいのではないでしょうか。アインファーマシーズも、公募増資を実施しても水準に思えます。逆に、公募増資を実施すると、M&Aによる拡大の意欲があるといえると思います。

調剤薬局2 

メディカルシステムネットワークは、システム関連事業があるため、簡単には比較できそうにありません。

あとは、営業CFとか暖簾代とか、特別損失の中身とかを比較、調べてみたいです。

アインファーマシーズ

http://www.ainj.co.jp/invest/IR/result/ain_2010_3.pdf

http://www.ullet.com/9627.html

日本調剤

http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103341/20100430184947.pdf

http://www.ullet.com/3341.html

総合メディカル

http://www.sogo-medical.co.jp/ir/pdf_brf/20100421_01.pdf

http://www.ullet.com/4775.html

クオール

http://eir.eol.co.jp/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=802032&code=3034&ln=ja&disp=simple

http://www.ullet.com/3034.html

メディカルシステムネットワーク

http://www.msnw.co.jp/image_IR_zaimu/DL/PDF/20100507tanshin.pdf

http://www.ullet.com/4350.html

これまでの軌跡

分析第1回 比較表作成

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

調剤薬局調査 1

2010.05.10(01:13) 663

調剤薬局についてです。何回かに分けて調べるつもり満々で1とつけてあります。

まずは、売上高について。業界のトップ6について調べました。 トップ5にしようと思いましたが、未上場が一つあったので6にしました。

数値は、四季報+短信。2010/05/07現在の値です。

調剤薬局1 

この段階では、売り上げ成長予想1位は日本調剤、利益成長予想1位も日本調剤となっています。

上記では、純利益のEPSを比較していますが、本業の経常利益であらわすと、どうなるかは次の機会に。。。ここまで作ってから項目が足りないことに気がつきました。つかれた。他の項目についてもまた今度。

ちなみに日本調剤は、保有してますが、最近買ったので、利益がほとんどありません。

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



銘柄分析(投資候補)
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 医療アウトソーシング調査 その1(05/29)
  3. 調剤薬局調査 3(05/15)
  4. 調剤薬局調査 2(05/11)
  5. 調剤薬局調査 1(05/10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。