経済的自由を目指すmockが送る株日記。 元理系大学院生の株日記

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

森薫の乙嫁語り 1巻

2010.08.01(23:17) 739

森薫乙嫁語り 1巻  を読んだ。

自分は基本的に活字中毒なので、嫁の本棚にある本も、料理の本も含めあらかた目を通しています。裁縫や、ダイエットの本は読みませんが。この本も、嫁の本棚にあるのは知っていたけれど、なんとなく、少女マンガっぽくて読んでませんでした。

暇だったので、手にとって見たんですが、これ結構面白いです。昔々エマ を読んだことがあったので、まったく知らない人ではないのですが、これまた、エマに負けず劣らず面白いです。

民族衣装、生活風俗など、シルクロード(なんとなくあこがれる)のことがよく調べてあり、雰囲気が良いです。2巻はすでに出ているようなのですが、早く嫁の本棚に並ぶ日が来るのを楽しみにしています。

スポンサーサイト
参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

須川邦彦の無人島に生きる十六人

2010.08.01(23:03) 738

須川邦彦無人島に生きる十六人 を読んだ。

ジュール・ヴェルヌ十五少年漂流記は、図らずも無人島生活を送ることになった15人の少年の話でしたが、こちらは、無人島生活を送らざる終えなかった16人の大人たちのお話です。

この無人島生活は、実話だそうですが、16人が明るく元気に生きていく様は、多少は、良くない部分を隠したとしても、好感が持てます。日本に帰るという目的のもと良きリーダーに率いられていたのでしょう。

目的の共有とリーダーシップ、難しいものだと思いますが、現代の会社生活もこのあたりの重要さは変わらないでしょうね。自分はさておき、目的の共有というところでつまずいているリーダーが結構多いように思います。目的が何なのかは、リーダーは理解していて当然ですが、メンバーには、山本五十六のごとく

やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

だと思います。

次は、シャクルトン、ロビンソン・クルーソーあたりに攻めていこうかと思います。

 

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

ジュール・ヴェルヌの十五少年漂流記

2010.08.01(22:54) 737

ジュール・ヴェルヌ十五少年漂流記 を読んだ。

名作として有名ですが、初めて読んだのは小学生だったはずで、案の定、話の中身は適当な記憶によっていたようです。

昔は、素直に、冒険を楽しんで読んでいましたが、年をくってしまうと、悪人を銃で殺した年かさの少年たちは、良心の呵責に悩むことはなかったんだろうかという視点も出てきてしまいます。

3人よれば文殊の知恵ともいいますが、15人の中でも年かさの少年たちが良く力を合わせてがんばったものです。現代の子供たちだとこうもうまくいくだろうか。と思ってしまうのも年のせいだと思います。

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

小川一水の天冥の標 3 アウレーリア一統

2010.08.01(22:47) 736

小川一水天冥の標 3 アウレーリア一統 を読んだ。

天冥の標の3冊目で、2の後、1の前という時期のお話です。3巻目にして、1で出てきた登場人物と、2で出てきた人物の間につながりが出てきました。やっと、なるほど、こうつながっているのか。とわかるのが面白いです。

人類が、小惑星帯を拠点にしている時代の話です。人類世界は、地球と、複数の小惑星国家に分かれています。ただし、小惑星帯の王は、国家ではなく、利潤追求組織であるというのも面白いです。大きすぎてつぶせないインフラ企業が多くなってきた昨今ですので、そのような企業のひとつが、国に取って代わる、国に対して何らかの保証を行うことで、国家よりも大きな力を得ているというのが行き過ぎた資本主義のようで面白いです。

4巻は、3巻より未来だとは思うのですが、いったいどれくらい未来の話でしょうか。

シリーズ

 

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



タイトル画像

ラプラスの亡霊 機動戦士ガンダムUC(5)

2010.08.01(22:31) 735

ラプラスの亡霊 機動戦士ガンダムUC(5) を読んだ。

ラプラスの箱とは何なのか?結局誰も何も知らないのではないか?そういう存在があるという話だけが世界を呪縛しているのではないかと思わせつつも、ラプラスの箱に関する?もしくは、連邦創設秘話的な話?が、リディにだけ明かされます。当然、読者にはわからないのですが、、、。いったいナンなのでしょうか。

少年少女たちは、ラプラスの箱の呪縛に絡めとられ、いろいろ考えをめぐらせますが、そこよりも、ラプラスの箱がなんなのかが気になって仕方がないです。

次回以降、舞台を地上に移して話は進むようです。

 

シリーズ

参加ランキング

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
カブクンブログマーケットランキング投票
banner3

ウィザーズファンド運用日記



読書日記
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 森薫の乙嫁語り 1巻(08/01)
  3. 須川邦彦の無人島に生きる十六人(08/01)
  4. ジュール・ヴェルヌの十五少年漂流記(08/01)
  5. 小川一水の天冥の標 3 アウレーリア一統(08/01)
  6. ラプラスの亡霊 機動戦士ガンダムUC(5)(08/01)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。